社名の由来

※※※
※※※

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

※(株)ニチロ

1906年(明治39年)「堤商会」として創業。
1914年(大正3年)3月14日「日魯漁業」を設立した。
1990年(平成2年)にカタカナの「ニチロ」と改称した。
「日魯」の名は、当時の主力事業であった北洋サケマス漁業に由来し、「日魯」の「日」は日本、「魯」はロシアを表している。
「日魯」を縦書きに書くと、「日」と「日」の間に「魚」があり、「毎日魚が獲れるようで縁起が良い」という意味もあると言われる。
2007年(平成19年)10月、「マルハ」と経営統合によって「マルハニチロホールディングス」を設立。
2008年(平成20年)4月1日、グループ内の事業再編に伴い「マルハニチロ食品」となった。

創業者 堤 清六(つつみ せいろく) 平塚 常次郎(ひらつか つねじろう)
創業年月日 1906年(明治39年)
正式社名 株式会社ニチロ
英文社名 Nichiro Corporation
本社所在地 東京都千代田区有楽町1-12-1
URL http://www.nichiro.co.jp/
11:50 : 食品トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。